第27回全日本ジュニア東北ブロック予選会

 第27回全日本ジュニア新体操選手権大会

    東北ブロック予選会  8月12日〜13日山形市スポーツセンター

  

        resize2560.jpg  開  会  式

    resize2577.jpg resize2579.jpg

  団体結果    

  女子  

 順位   県名     所  属  名  得 点
 1位  山形  山形RG  16,975
 2位  宮城  キューブ新体操  15,475
 3位  宮城  仙台ジュニア体育研究所  15,025
 4位  岩手  北上新体操クラブ  13,800
 5位  秋田  NPO秋田RG愛好会  13,675
 6位  青森  青森山田新体操クラブ  13,000

                                かわいい  1位の山形RGが全日本ジュニア出場権を獲得

      resize2578.jpg

  男子  

 順位  県名  所属名  得点
 1位  岩手  滝沢村立滝沢南中学校  18,200
 2位  宮城  白石市立東中学校  17,150
 3位  宮城  キューブ新体操  16,800
 4位  青森  八戸市立白銀中学校  16,600
 5位  福島  華舞翔新体操クラブ  15,900
 6位  山形  酒田市立八幡中学校  15,350

                                            かわいい 3位まで全日本出場

    resize2572.jpg

   女子個人総合  

順位  県名  選 手 名    所 属 名   合計得点 
 1位 秋田  深瀬 菜月  秋田新体操クラブ  79,800
 2位 秋田  七尾 真結  NPO秋田RG愛好会   75,750
 3位 山形  佐々木真子 山形RG   74,500
 4位 秋田  進藤みのり 秋田新体操クラブ   74,300
 5位 宮城  遠藤  侑  仙台ジュニア体育研究所  71,500
 6位 山形  冨樫 茜音  山形RG    70,475
 7位 福島  渡部 花菜  華舞翔新体操クラブ   68,125
 8位 山形  藤田 桃子  山形RG    67,925

                                     かわいい 7位まで全日本ジュニア出場

 種目別女子    

  ボール  クラブ  ロープ   フープ
 1位  深瀬 菜月  深瀬 菜月  七尾 真結  深瀬 菜月 
 2位 佐々木真子  七尾 真結 深瀬 菜月  進藤みのり 
 3位 進藤みのり  佐々木真子  進藤みのり  冨樫 茜音 

    resize2575.jpg         

  男子個人総合

順位  県名  選手名  所属名  合計得点 
 1位 青森 宮前  凌  R・Gひろさきジュニア   17,950
 2位 宮城  佐藤   翼  白石市立東中学校   17,600
 3位 青森  三浦 智範 R・Gひろさきジュニア    17,450
 4位 福島  川島 将嗣 会津ジュニア    17,300
 5位 福島  島影 公平   会津ジュニア   16,950
 6位 福島  吉田 和真  華舞翔新体操クラブ   16,450
 6位 宮城 佐藤 楓人  キューブ新体操   16,450
 8位 福島  根本 芽繰   会津ジュニア   16,150

                                    かわいい  3位まで全日本ジュニア出場  

   
   種目別男子

     リング    ロープ

1位 宮前 凌    宮前 凌  

2位 佐藤  翼   三浦智範 

3位 三浦智範   佐藤  翼  

 resize2573.jpg

       resize2564.jpg

                                                  閉  会  式

     resize2561.jpg

 秋田新体操クラブから、進藤みのり、深瀬菜月、小野七瀬、松井香菜子が出場しました。

予選で深瀬菜月が1位、進藤みのりはクラブでのミスが大きく6位、小野七瀬は7位と健闘

しました。松井香菜子(小6)はミスが多く42人中31位でした。決勝でも深瀬は踏ん張り、

3種目を制覇でき今年最後の出場となった東北ブロック予選の優勝を果たしました。次は

全中です、この大会を生かしていきましょう。今まで3連勝していた進藤みのりは、数日前

に肉離れになり苦しい大会でしたが、身体の管理も選手の責任です、しっかり治療しなが

オールジャパン出場を目標に頑張って欲しいと思います。小野七瀬は東北中総体と同様

後半になると、気が弱くなってしまい不安になり自滅してしまうみたいです。これからどんな

でもできている事に自信を持ち、それを発揮できる精神力をつけていきましょう。             

      

この記事へのコメント
今回は、東北中総体と全日本ジュニア東北予選が続きました。
大会までたくさん練習をしてきたし、先生方にたくさんご指導していただいたのに本番で100%の力を出し切ることが出来ませんでした。どちらの大会も悔いが残る演技をしてしまって自分でも残念だし、先生方の期待に応えることが出来ず申し訳ないと思いました。本番で「出来るかな」と、不安になるということは、練習での本番に向けての自信の付け方が、足りないからだと思いました。今後の練習では、今回反省した事を生かせるように、1日1日を大切にして、来年こそは今回逃してしまった全国中総体や全日本ジュニア出場を目指して頑張りたいと思います。応援してくださった方、たくさんのご指導をしてくださった先生方ありがとうございました。これからも宜しくお願いいたします。
Posted by 小野七瀬 at 2009年08月15日 21:28


今回の大会では、自分の甘さを反省することがたくさんありました。
大会前の練習も、もっともっと頑張らなければいけなかったのに、久しぶりの大会出場に、怖さと不安がいっぱいで、集中力が足りませんでした。
不安をなくすためには、何よりたくさんの練習が必要だったのに、と反省しています。
先生方から、たくさんの注意をいただき、その大切なひとつひとつを、大会で生かす事ができず、悔しい思いで終わってしまいました。
これからは、少しの時間でも大切にして、確実な演技ができるよう、努力していきます。
応援、どうもありがとうございました。
先生方、つきっきりでご指導くださり、ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。
Posted by 松井香菜子  at 2009年08月16日 19:39
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。